伝染性軟属腫(水いぼ)とは?症状・治療法は?【アトピー性皮膚炎の種類】

小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ)

伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属している伝染性の軟属腫ウイルスによる感染症で、水が中に入ったような湿疹が体中に発生するようになります。

伝染性軟属腫(水いぼ)は、小児に多く発症する病気であり、プールで感染するというケースが多くなっており、特にアトピー性皮膚炎の小児においては注意が必要となります。

また、成人の男性器においても、性感染症の一つとして感染するということがあるようです。

伝染性軟属腫ウイルスに感染することがその発症原因

伝染性軟属腫(水いぼ)は、ポックスウイルス科モルシポックスウイルス属の伝染性軟属腫ウイルスに感染することがその発症原因であり、その感染経路は接触感染が多くなっています。
皮膚に傷が小さなものでもあると、その傷から伝染性軟属腫ウイルスが入り込み、皮膚の角化細胞に感染してしまいます。

アトピー性皮膚炎を発症している小児では、かゆみの症状によって肌を掻いているので、皮膚に傷ができているため、伝染性軟属腫(水いぼ)も発生しやすくなっています。

この皮膚の角化細胞は伝染性軟属腫(水いぼ)に感染すると、大きく膨張すると同時に分裂する速さが速くなります。
これが伝染性軟属腫(水いぼ)の芯の部分を形成し、この部分が実際に水いぼの症状となって現れますが、このように症状がはっきりと現れるのは、伝染性軟属腫(水いぼ)に感染してから約1ヶ月程度の潜伏期間を経てからとなります。

伝染性軟属腫(水いぼ)の症状としては、水いぼが体の顔、体、手、足など様々な場所に発生して広がっていきます。

この水いぼは、1~5mm程度の半球状の隆起物であり、その表面には光沢がみられます。

水いぼの中にはウイルスとウイルスによって変性した細胞の塊が含まれていますが、この水いぼ自体にかゆみはありません。
ただし、水いぼの周辺に湿疹が発生している場合や、水いぼが治りかけているといった場合において、かゆみの症状が発生する場合があります。

この痒みの症状によって患部を掻きむしってしまうと、その掻いた手や指にウイルスが付着してしまうため、この手や指がふれた他の部位に感染が広がっていってしまいます。

また、これらの水いぼは、発症からある程度の時間が経過していくと、自然に脱落するということもあり、そのときに皮膚の他の部位に脱落した水いぼが接触して感染が広がってしまうということもあるようです。

この水いぼには、全身に広がりやすいという特徴があります。
そのため、水いぼの数が100個以上という数に一気に増えてしまうということも珍しくはないようです。

必ずしも病院で治療しなければいけないというものではありません。

伝染性軟属腫(水いぼ)は、治療しなくても半年~2年程度の間に自然治癒していくとされているため、必ずしも病院で治療しなければいけないというものではありません。
もし、伝染性軟属腫(水いぼ)を治療するという場合は、ウイルスに感染した皮膚の細胞を除去するという方法が、いくつかある治療法の中で最も確実な治療法となっています。

この治療法では、ピンセットのような専用器具である「鑷子」で水いぼを潰す、液体窒素を使用して水いぼを凍結する、レーザーを使用して水いぼを除去する、電気を使用して水いぼを焼くといった方法が用いられます。

これらのどの方法においても痛みが伴いますので、リドカインテープやペンレスといった局所麻酔が治療の際に使用されることもあります。

治療によって水いぼを完全に取り除かないと、ウイルスが残存していて他の部位等に感染して広がっていってしまう可能性があります。

そのため、水いぼが発生している全体を全てカバーできるように、患部を大きめに除去するようになります。

このように水いぼを除去する方法が、伝染性軟属腫(水いぼ)の確実な治療法ですが、前述の痛み等により子供はこの治療法を嫌がってしまい、処置がスムーズに進まないということもありますので注意が必要です。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー 子供
    赤ちゃんに様々な原因で発生する湿疹をまとめて乳幼児湿疹と呼んでいます。 乳幼児湿疹とは、乳幼児…
  2. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  3. アトピー 市販薬
    細菌感染及び炎症性の皮膚疾患に効果を発揮するドルマイコーチ軟膏 6g ドルマイコーチ軟膏 6g…
  4. 自分自身のアトピーの症状がひどいことに気が付いたのは小学校の1年生の頃 私は現在42歳女性です…
  5. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  6. 女性 アトピー
    伝染性膿痂疹(とびひ)とは、小児に生じる細菌感染症の一種 湿疹や乾燥した肌を掻いたりすることに…
  7. アトピー性皮膚炎 治療法
    皮膚科を受診し、適切な治療を行っていくことが大切です。 アトピー性皮膚炎とは、皮膚のかゆみと炎…
  8. ドライスキンとは角質層の水分が少なくなって乾燥した状態のことをいいます ドライスキンとは、皮脂…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る