エレファントスキンとは、厚皮症または象皮症とも言われる高度に苔癬化した皮膚病変です。

その名の通り、象の皮のような厚ぼったい皮膚が特に頚部に発生することが特徴となっており、症状が酷くなると屈曲に困難を伴うようになるようです。
そして、何より見た目の変化が大きくなるため、アトピー性皮膚炎の患者に多大な心理的ダメージを与えます。

エレファントスキン(象皮症)は、主としてフィラリア類のパンクロフト糸状虫という、人間を宿主とする寄生虫がリンパ管・リンパ節に寄生することによる後遺症の一つとなっています。

フィラリアは線虫類という線形動物門に属する寄生虫ですが、現在の日本では人間に寄生するフィラリアはほぼ根絶されています。

そのため、今は犬に寄生するフィラリアの方が有名になっていますが、かつての江戸時代では人間に寄生するフィラリアが全国的に分布しており、重大視される感染症の一つでした。また、犬に寄生するフィラリアは稀に人間に寄生することもあります。

しかし、この場合は心臓に寄生するため、象皮症が発生することはありません。

このフィラリア類の雌は、まず、ミクロフィラリアと呼ばれる幼生を大量に産生します。

この幼生が末梢の毛細血管中に移行した後、媒介者である蚊に吸引され、他の宿主に運搬されることとなります。
前述のパンクロフト糸状虫などは、人間のリンパ節やリンパ管に成虫が寄生します。

そのため、フィラリア類の雌が産生したミクロフィラリアは、まず、リンパ管内に出現し、この成虫やミクロフィラリアに起因するリンパ節やリンパ管の炎症が急性症状として発生します。

このリンパ節やリンパ管の炎症が繰り返されると、リンパ管の破裂や閉塞が発生します。

リンパ管は、身体の抹消部に毛細血管から供給されている組織液の回収が、その主要な機能となっています。

そのため、前述のリンパ節やリンパ管の炎症が繰り返されてリンパ管の破壊が進行すると、身体の抹消部に組織液が滞留し、浮腫が発生しますが、この浮腫の刺激によって皮膚や皮下組織の結合組織が増殖することになって象皮症が発生します。

このように、象皮症の原因はリンパ管の破壊と、それによる組織液の滞留であるため、フィラリアの寄生が象皮症の直接的な原因ではありません。
したがって、象皮症の症状は、体内のフィラリアが既に死滅して感染自体が終結しても進行していくため、重症の象皮症の患者の体内においては既にフィラリアが死滅していて、確認されないというケースが多くなっています。

その他、乳がんなどの手術によってリンパ管が破壊された場合には、フィラリアの感染がなくても、象皮症が発生することがあります。

この象皮症の治療薬として、体内のフィラリアを殺す作用がある駆虫薬という薬が存在しています。

このような駆虫薬には、「ジエチルカルバマジン(DEC)」、「アルベンダゾール」、「イベルメクチン」という薬が主に挙げられ、これらの薬を投薬することにより治療を行っていくことが、象皮症の一般的な治療方法となっています。

この薬の中でも「ジエチルカルバマジン(DEC)」は、副作用が少なく、ミクロフィラリア及び成虫にも効果のある薬であるため、特に有効となっています。

また、前述の通り、象皮症はフィラリアを駆除した後も症状が悪化し続けてしまうことがあるため、悪化させないためには患者の衛生面の対策を施すことが基本となっています。

患者を衛生的に保ち、また、リンパ管内のリンパ液の流れを改善するために運動を積極的に行うことも重要となっています。

象皮症の予防方法として最も重要なことは、前述の通り、媒介者である蚊に刺されないようにすることが一番であると考えられています。

そのため、着るものを長袖や長ズボンにするようにし、露出を避けるようにすることが大切で、肌を露出したとしても、虫除けスプレー等の防蚊剤を使用することが象皮症の予防に必要となります。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー 子供
    赤ちゃんに様々な原因で発生する湿疹をまとめて乳幼児湿疹と呼んでいます。 乳幼児湿疹とは、乳幼児…
  2. 自分自身のアトピーの症状がひどいことに気が付いたのは小学校の1年生の頃 私は現在42歳女性です…
  3. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
  4. アトピー 女の子
    子供の頃に感じた医師への不信感 現在、30代の女です。 子供のころはアトピーに悩まされていま…
  5. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  6. 小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属し…
  7. 女性 アトピー
    伝染性膿痂疹(とびひ)とは、小児に生じる細菌感染症の一種 湿疹や乾燥した肌を掻いたりすることに…
  8. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る