漢方薬の十味敗毒湯が含まれている成分の主体

小粒タウロミン 700錠は、皮膚の炎症や鼻炎に有効な生薬に、栄養成分を配合した皮膚疾患・鼻炎のための内服治療剤です。
近年発生している皮膚疾患の1/3は湿疹・皮膚炎であるといわれており、アトピー性皮膚炎もこの中に含まれています。

そのため、これらのアレルギー症状が発生する方が、近年鼻炎を発症する方と共に増加傾向にあるそうです。
これには、最近の衣食住の生活環境の変化が深く関係しているといわれています。

また、体内の変調、栄養状態、季節・気候等外的因子、ホルモン分泌等内的因子なども深く関係しているとのことです。

小粒タウロミン 700錠は、漢方薬十味敗毒湯(サイコ、ハマボウフウ、センキュウ、オウヒ、ブクリョウ、ドクカツ、ケイガイ、キキョウ、ショウキョウ及びカンゾウの十成分)・ヨクイニンが含まれている成分の主体となっています。

そこにさらに、ビタミン群、整腸剤、カルシウム、強肝成分が配合されています。昔から皮膚は内臓の鏡といわれており、体内の状態をよく反映するところとされていました。

そのため、皮膚病が発生した場合は、その皮膚病は氷山の一角のようなもので、目に見えない内側にその本当の原因が隠されていると考えられてきました。

小粒タウロミン 700錠は、アトピー体質の方、外用薬ではあまり効果のなかった方等におすすめの漢方薬であり、内臓を丈夫にして解毒作用を高めることができます。

小粒タウロミン 700錠は、錠剤が小粒のため服用しやすく、2歳以上から服用することができる薬です。

ただ、抗ヒスタミン剤や、その他のアレルギーの薬を服用中という方は、小粒タウロミン 700錠を飲むことはできませんので注意が必要です。
また、小粒タウロミン 700錠を服用した後は眠気等が現れる可能性がありますので、機械類の運転操作や車の運転等はしてはいけません。

さらに、小粒タウロミン 700錠は長期間に渡っての服用はできませんので注意しましょう。

また、小粒タウロミン 700錠は漢方薬ですが、第2類医薬品に分類される薬であるため、副作用が発生する可能性があります。

小粒タウロミン 700錠による副作用の症状としては、皮膚に現れる症状として、発疹、痒み、発赤、消化器系に現れる症状として、嘔吐、吐き気、食欲不振、泌尿器系に現れる症状として排尿困難といった症状があります。

また、稀ではありますが、再生不良性貧血、無顆粒球症といった重篤な症状があらわれる場合があります。

以下の症状が現れたら服用を中止し、医師の診療を受けるようにしましょう。

小粒タウロミン 700錠を服用後に、歯茎の出血、発熱、青あざ、鼻血、動悸、息切れ、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる、のどの痛み、突然の高熱、さむけ等の症状が発生した場合には、前述の再生不良性貧血、無顆粒球症の恐れがありますので、すぐに小粒タウロミン 700錠の服用を中止し、医師の診療を受けるようにしましょう。

現在、妊婦である方、妊娠していると思われる方、医師の治療を受けている方、排尿困難の症状が出ている方、緑内障の診断を受けた方、薬などによってアレルギー症状が発生した経験を持っている方は、小粒タウロミン 700錠の服用を開始する前に、かかりつけの医師や薬剤師等に相談することが必要ですので注意しましょう。

さらに、小粒タウロミン 700錠を4.5~6日間使用してもアトピー性皮膚炎等の症状が改善されないという場合には、小粒タウロミン 700錠の服用を中止し、同じくかかりつけの医師や薬剤師等に相談するようにしましょう。

小粒タウロミン 700錠は、和漢薬処方を基本としています。
そのため、だいたい一週間位で、その方の体質に合う・合わないが判断できるとのことです。

現在の使用者の状態に応じて服用量を増減するようにしましょう。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 菅野美穂 アトピー
    芸能人・有名人にも多いアトピー&アレルギー 日本では約700万人という方々が、アトピー性皮膚炎…
  2. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  3. アトピー 女の子
    子供の頃に感じた医師への不信感 現在、30代の女です。 子供のころはアトピーに悩まされていま…
  4. 女性 アトピー
    アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症が伴う、アレルギー反応と関連がある皮膚炎のことです。 アト…
  5. アトピー性皮膚炎 治療法
    皮膚科を受診し、適切な治療を行っていくことが大切です。 アトピー性皮膚炎とは、皮膚のかゆみと炎…
  6. アトピー 症状
    実際、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとされている漢方薬もあります。 一般的に漢方薬には副作…
  7. アトピー 市販薬
    細菌感染及び炎症性の皮膚疾患に効果を発揮するドルマイコーチ軟膏 6g ドルマイコーチ軟膏 6g…
  8. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る