澄肌漢方堂の口コミ・評判の口コミ・評判は?効果・副作用はある?【アトピー市販薬】

塗り薬 アトピー

澄肌漢方堂とは、アレルギー体質や皮膚炎に効果的な生薬配合の薬です。

アレルギー症状によるかゆみや赤み等の肌のトラブルに効果的であり、生薬の力で体の中からアレルギー体質を改善してくれます。
澄肌漢方堂には、ダイオウ、オウゴン、キキョウ、センキュウ、トウキ、ボタンピ、トウキ、ボタンピ、ヨクイニン、ケイヒ等が配合されており、そのほとんどの成分が自然由来の植物や動物から抽出された成分となっています。

このような成分による効能・効果によって澄肌漢方堂は第2類医薬品として認められています。

その効能・効果には、シミ、そばかす、ニキビ、吹出物、湿疹、皮ふ炎、色素異状沈着、蕁麻疹、皮ふ掻痒症、口唇炎、痒疹、あせも、アレルギー体質、口唇き裂、あかぎれ、しもやけ等の治療と予防となっており、このような様々な皮膚疾患を改善する第2類医薬品として、澄肌漢方堂は30年以上も前に効能・効果が承認されました。

アトピー性皮膚炎においては、我慢できない「かゆみ」のせいでどうしても掻いてしまい、また、寝ている時に無意識に掻いてしまったりして、その症状が悪化してしまうという方も多くなっています。

この生薬配合の薬である澄肌漢方堂には、皮膚の「かゆみ」を抑える働きがありますので、服用し続けていると、我慢できな「痒み」が自然と落ち着いてきます。

「かゆみ」だけでなく「赤み」も改善してくれる澄肌漢方堂

また、アトピー性皮膚炎によって皮膚の内部で炎症が発生していると、「かゆみ」だけでなく肌の「赤み」も発生します。

澄肌漢方堂には、この皮膚の内部の炎症を和らげる働きもありますので、「かゆみ」だけでなく「赤み」も改善してくれます。

アトピー性皮膚炎が長く続いていると、湿疹やあかぎれが発生し、より一層「かゆみ」が激しくなりますが、澄肌漢方堂はその湿疹やあかぎれも改善します。

さらに、アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー体質である方に多く発症しますが、澄肌漢方堂には生薬が配合されていますので、その働きによって、アレルギー体質を改善するという効果もあります。

その他、澄肌漢方堂には皮膚炎によって発生したシミや色素異状沈着も改善します。

長期間、アトピー性皮膚炎が続いていると、その患部に茶色いシミが発生したりすることが多くなります。

そして、そのシミが悪化してしまうと「色素異状沈着」と呼ばれる患部全体が茶色になってしまう症状が発生します。

これらの症状は、単純に皮膚炎だけを改善する治療法では改善することができないのですが、澄肌漢方堂には生薬やビタミン等の有効成分が含まれているため、その働きによってシミや色素異状沈着を改善してくれます。

また、澄肌漢方堂は、その品質を確保するために設けられた厳しい製造と品質の基準である、GMPに遵守した管理体制で製造されています。

そのため、品質にバラつきのない原料を安定供給できる管理体制が構築されています。

また、澄肌漢方堂の原料は、天然物なのでその採取時期や産地、保管方法などによって品質が異なってしまう可能性がありますので、30年以上の製造経験を活かし、生薬原料の形や大きさ、味などによって品質をチェックしています。

さらにその後、最新機器を駆使して科学的な評価もおこなっており、このような厳しい管理基準をクリアした製品だけが販売されているので、品質的な安全性の高い薬であるといえます。

このような安全性の高さから、澄肌漢方堂のみを服用していた場合は、副作用の心配はまずありません。

しかし、現在、他の漢方薬を服用している場合は、相性があまりよくない場合があるので注意が必要です。もし、澄肌漢方堂と他の薬を併用する場合は、担当の医師等とよく相談するようにしましょう。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー 子供
    赤ちゃんに様々な原因で発生する湿疹をまとめて乳幼児湿疹と呼んでいます。 乳幼児湿疹とは、乳幼児…
  2. 小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属し…
  3. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  4. アトピー 市販薬
    細菌感染及び炎症性の皮膚疾患に効果を発揮するドルマイコーチ軟膏 6g ドルマイコーチ軟膏 6g…
  5. アトピー 食事
    25歳前後の頃に体のあちこちにガサガサとした赤い炎症が出来ました。 現在私は45歳の男性なので…
  6. アトピー性皮膚炎 治療法
    皮膚科を受診し、適切な治療を行っていくことが大切です。 アトピー性皮膚炎とは、皮膚のかゆみと炎…
  7. アトピー 症状
    実際、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとされている漢方薬もあります。 一般的に漢方薬には副作…
  8. 男性 アトピー
    体全体にアトピーの症状があり、皮膚がかさばります。 40歳、男性、社会人です。 症状や大変な…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る