シオノギ シナール イクシ 200錠の口コミ・評判は?効果・副作用はある?【アトピー市販薬】

アトピー発症

肌の色素沈着の改善に効果を発揮するシオノギ シナール イクシ 200錠

シオノギ シナール イクシ 200錠は、シミ・そばかす用の飲み薬であり、塩野義製薬から販売されている薬で、薬局やドラッグストアでも一部の薬を購入することができます。
シオノギ シナール イクシ 200錠は美白効果のある医薬品であるため、アトピー性皮膚炎の症状を繰り返すことで発生する肌の色素沈着の改善に効果を発揮します。

メラニンを排出したり、コラーゲンの生成を促進するシオノギ シナール イクシ

シオノギ シナール イクシ 200錠には、アスコルビン酸(1000mg)、L-システイン(240mg)、パントテン酸カルシウム(24mg)等の成分が配合されています。
アスコルビン酸は、ビタミンCのことであり、水に溶けやすいという性質を持っています。働きとしては、メラニンを排出したり、コラーゲンの生成を促進したりします。

L-システインの働きとしては、まず、肌のターンオーバーを促進させ、メラニンの排出を促します。

また、肝臓の機能を高めることにより、二日酔いの症状を和らげたりします。

パントテン酸カルシウムは、脂質やタンパク質の代謝に関わっている成分です。日焼けによるそばかすやシミを改善させる成分として、既に医薬品の中に含まれている成分です。

シオノギ シナール イクシ 200錠は、ビタミンCのアスコルビン酸やL-システインを含有していますので、これらの成分を同じように含有しているチョコラBBルーセントCやハイチオールCホワイティアといった医薬品と、このような点では一緒であるといえます。

ただ、シオノギ シナール イクシ 200錠には、チョコラBBルーセントCやハイチオールCホワイティアと比べて、そばかすやシミへとアプローチする力の強いアスコルビン酸が1000mgも配合されており、その点では違いがあります。

このようなアスコルビン酸は日常生活において、野菜や果物を食べる習慣の無い方は、どうしても不足しがちとなってしまいます。

この影響を受けて、アトピー性皮膚炎によって負った肌のダメージの回復が遅れてしまうというケースも多くなっています。

シオノギ シナール イクシ 200錠は、このような状態を改善するのに適しており、決められた錠剤を飲むことを継続することで、アスコルビン酸等の成分をバランス良く補給できるようになります。

シオノギ シナール イクシ 200錠はサプリメントではなく、医薬品に分類されています。

そのため、使用者の体質や肌質によっては副作用が発生する可能性があります。

シオノギ シナール イクシ 200錠の副作用で発生する症状としては、皮膚の赤み、発疹、嘔吐、吐き気、下痢、腹痛といった症状があります。
シオノギ シナール イクシ 200錠は内服薬であるため、有効成分が全身へと行き渡った後に、皮膚症状や消化器症状といった不快な症状が発生する可能性があります。

特に、シオノギ シナール イクシ 200錠を寝起きや食前等の胃の中に何も入っていない状態で服用した場合、胃の粘膜に刺激が加わりやすいため、嘔吐や吐き気の症状が発生しやすくなってしまいます。

そのため、シオノギ シナール イクシ 200錠を服用する際は、朝食後や夕食後などの胃に食べ物が入った状態で服用するようにしましょう。

また、アルコールやコーヒー等と一緒に服用するのではなく、水や白湯と一緒に服用するようにし、1日3錠x3回の薬の用量や用法をしっかりと、守るようにしましょう。

これらの注意点を守ることによって、副作用が100%防げるとまではいきませんが、そのリスクは下げられ、身体への負担も加わりにくくなります。

このような服用の仕方を長期間継続していくことによって、徐々にアトピー性皮膚炎によって傷ついた肌を改善していくのが、治療のポイントとなります。

その他、シオノギ シナール イクシ 200錠は妊娠中の方や授乳中の方、病中病後で体力が落ちているという方でも服用することができます。

しかし、念のため、かかりつけの医師へ相談してから服用を始めた方が無難だと思います。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー性皮膚炎 治療法
    皮膚科を受診し、適切な治療を行っていくことが大切です。 アトピー性皮膚炎とは、皮膚のかゆみと炎…
  2. 小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属し…
  3. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
  4. アトピー 発症
    "私がアトピーを発症したのは大学生の頃でした。 大学入学を機に独り暮らしを始め、約2年が経過し…
  5. 女性 アトピー
    アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症が伴う、アレルギー反応と関連がある皮膚炎のことです。 アト…
  6. 狩野英孝 アレルギー アトピー
    超アレルギー体質でアトピーな狩野英孝さん 狩野英孝さんは、マセキ芸能社に所属するピン芸人の日本…
  7. ドライスキンとは角質層の水分が少なくなって乾燥した状態のことをいいます ドライスキンとは、皮脂…
  8. アトピー 発症
    アトピー性皮膚炎の大まかな診断基準としては、まず、掻痒があること アトピー性皮膚炎とは、かゆみ…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る