アレグラFX 14錠は、アレルギーによる症状を緩和する市販薬

アレグラFX 14錠は、アレルギーによる症状を緩和する薬であり、花粉症やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎等に適用されますが、蕁麻疹や皮膚疾患による痒みなどに対しても緩和する効果があります。

そのため、病院でアトピー性皮膚炎で診察を受けた際に、このアレグラFX 14錠が処方されるということもあるようです。
また、アレグラFX 14錠は乾燥肌による痒みにも効果があり、このように様々な症状に対して効果があり、この適用範囲の広さもアレグラFX 14錠の特徴です。

アレグラFX 14錠は、世界中で利用されている抗ヒスタミン剤

アレグラFX 14錠は、世界中で利用されている抗ヒスタミン剤であり、現在は第二世代で第一世代のものよりも脳への影響が穏やかになっています。
その改善点としては、特に眠気や集中力の低下等の副作用が比較的抑えられているとのことです。

ヒスタミンとは、様々なアレルギー反応を発生させる化学物質の一つであり、肥満細胞に蓄えられている細胞の一つとなっています。
その肥満細胞は脳をはじめとした身体のいろいろな重要部位に配備されており、身体中の至る所に散らばっています。

このヒスタミンの主な働きとしては、眠気を抑える、集中力を高める、食欲を抑えるといった身体にとって非常に重要な働きがあるのですが、体内に異物が入ってきた際には、前述の肥満細胞から大量に放出されます。

このヒスタミンが大量放出されて他の細胞とくっついた時に、その結果としてその大量放出された部位によって様々な反応が発生し、これがアレルギー反応として発症します。
異物が入ってきたのが皮膚である場合、前述のヒスタミンの過剰分泌が皮膚で発生し、その異物をスムーズに排除するために血管が膨張します。

そして、脳から「その異物をひっかいて取り除け」という命令が出て、これが「痒み」の症状として現れます。このような症状はヒスタミンが他の細胞とくっついたときに発生するものであることから、ヒスタミンが他の細胞とくっついたりしないようにしたり、ヒスタミンそのものの働きを抑えるような薬があれば症状が改善されるのでは、という目的で開発されたのが抗アレルギー剤や、アレグラFX 14錠のような抗ヒスタミン剤です。

アレルギーを根本的に治す薬ではありませんので注意が必要です。

そのため、アレグラFX 14錠はあくまでヒスタミンの分泌を抑える薬であるため、アレルギーを根本的に治す薬ではありませんので注意が必要です。

アレグラFX 14錠のアトピー性皮膚炎に対する効果については、大規模な二重盲検試験において効果があったとの判断がされています。

また、ステロイド外用薬単体で治療した場合と、ステロイド外用薬とアレグラFX 14錠を併用した場合においては、後者のほうにおいて有意に痒み及び炎症が改善したという結果が出ています。

また、アレグラFX 14錠は蕁麻疹の症状にも効果があるとのことなので、アトピー性皮膚炎の症状に蕁麻疹も併発している方はまず試してみる価値のある薬だと思います。

アレグラFX 14錠の副作用としては、まず、皮膚に現れる症状としては、発疹、皮膚が赤くなる、蕁麻疹、喉やまぶた、唇が腫れる、痒み等の症状が発生する可能性があります。

消化器系に現れる症状としては、口渇、嘔吐、吐き気、気持ちが悪い、便秘、下痢、腹痛等の症状が発生する可能性があります。

神経系に現れる症状としては、だるい、疲労、頭痛、しびれ、睡眠障害、悪夢、不眠、めまい等の症状が発生する可能性があります。

泌尿器系に現れる症状としては、頻尿、尿が出ない等の症状が発生する可能性があり、その他の症状としては、胸の痛み、血圧上昇、息切れ、動悸、味覚異常、月経異常、むくみ、呼吸困難等の症状が発生する可能性があります。

また、アナフィラキシーショック、肝機能障害、突然の高熱、寒気等の重篤な症状が発生する可能性もありますので、このような症状が発生した場合は、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  2. アトピー 市販薬
    細菌感染及び炎症性の皮膚疾患に効果を発揮するドルマイコーチ軟膏 6g ドルマイコーチ軟膏 6g…
  3. 自分自身のアトピーの症状がひどいことに気が付いたのは小学校の1年生の頃 私は現在42歳女性です…
  4. アトピー 発症
    アトピー性皮膚炎の大まかな診断基準としては、まず、掻痒があること アトピー性皮膚炎とは、かゆみ…
  5. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  6. 女性 アトピー
    アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症が伴う、アレルギー反応と関連がある皮膚炎のことです。 アト…
  7. アトピー 発症
    "私がアトピーを発症したのは大学生の頃でした。 大学入学を機に独り暮らしを始め、約2年が経過し…
  8. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る