西田幸治 笑い飯 アトピー

笑い飯 西田幸治さんもアトピー性皮膚炎を発症していた芸能人の一人だったようです。

笑い飯 西田幸治さんは、吉本興業所属で奈良県奈良市出身のお笑いタレントであり、お笑いコンビ笑い飯の1人です。
そんな笑い飯 西田幸治さんもアトピー性皮膚炎を発症していた芸能人の一人だったようです。

笑い飯 西田幸治さんは、現在の奈良女子大学附属中等教育学校である奈良女子大学文学部付属中学校・高等学校を卒業した後、フリーターを経て大阪NSCに1995年に入校しました。
しかし、笑い飯 西田幸治さんは大阪NSCを一身上の都合により自主退学してしまいます。

>>アトピー性皮膚炎の芸能人・有名人一覧

笑い飯 西田幸治さんの経歴・芸歴は?

高校を中退した後、笑い飯 西田幸治さんは「たちくらみ」というコンビを組んで、インディーズ芸人として再起しました。

ただ、「たちくらみ」は組んですぐに解散してしまったそうです。

その頃、同い年で芸歴もほぼ同じで、笑い飯 西田幸治さんと同じようにコンビを解散してすぐであった哲夫さんと「笑い飯」を2000年に結成します。

笑い飯は西田幸治さん、哲夫さんの二人ともそれぞれのコンビでボケを担当していたこともあって、漫才の中でボケとツッコミが交互に入れ替わり役割を固定しないという、これまでになかった独自のスタイルを築きました。
この独特のスタイルは「Wボケ」と呼ばれており、「漫才界の革命児」と呼ばれることもあります。

笑い飯は吉本興業に2001年より所属し、2002年の第2回M-1グランプリに出場し、ノーシードで無名ながら決勝進出を果たします。
決勝では3位に終わりましたが、その斬新な「Wボケ」で注目を浴びたため、その後のコンビの知名度を上げるきっかけとなりました。

そして、笑い飯はこの年から9年連続M-1グランプリの決勝進出を果たしており、これは同大会の最多記録となっています。
その9回目の決勝進出となった2010年第10回M-1グランプリにおいて、笑い飯はついに悲願の初優勝を果たし、これはコンビでの歴代最年長、歴代総出場数での優勝となっています。

また、笑い飯はbaseよしもとの舞台に立っていましたが、そのbaseよしもとで行われた「ガンガンライブFINAL」(2008年4月6日)で卒業し、2010年春、大阪に家を残したまま東京に進出しました。
さらに、笑い飯は奈良県観光特別大使に2012年に就任しています。笑い飯は東京で2012年のTHE MANZAIに出場しています(2011年度は不参加)。

THE MANZAIでは認定漫才師50組に選ばれ、予選3位の成績で決勝進出を果たしました。
しかし、最終決戦進出は逃しており、また、笑い飯がTHE MANZAIに出場したのは、この2012年のみとなっています。

その他、西田幸治さん個人としては、雅-miyavi-の楽曲で「Ahead Of The Light」のプロモーションビデオに西田幸治さんとBOBOさんが途中で入れ替わるというヴァージョンが制作され、共演も実現しています。

これは、西田幸治さんのルックスがドラマーであるBOBO(堀川裕之)さんに似ているということで、「FNS歌謡祭」(2012年12月放送)に雅-miyavi-のサポートでBOBOさんが出演した際にtwitterなどで話題となったことが、そもそものきっかけとなっているそうです。

また、西田幸治さんは2013年4月25日、所属事務所より結婚を発表しています。

アレルギー体質のなりやすさを示す数値は通常の人の10倍ほどもある西田幸治さん

そんな笑い飯 西田幸治さんは、金属アレルギーを持っており、アレルギー体質のなりやすさを示す数値は通常の人の10倍ほどもあるそうです。
学生時代から乾燥肌に悩んでおり、学生時代は粉ふき芋と呼ばれていたこともあるそうです。

そのため、テレビ番組の収録時等にアトピー性皮膚炎の症状がひどい時は、裸になりたがらないこともあるとのことです。
体質ならなかなか治ることは難しいと思いますが、少しずつでも体質改善を進めていくと良いのではと思いました。

>>アトピー性皮膚炎の芸能人・有名人一覧

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
  2. アトピー 症状
    実際、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとされている漢方薬もあります。 一般的に漢方薬には副作…
  3. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  4. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
  5. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  6. 女性 アトピー
    伝染性膿痂疹(とびひ)とは、小児に生じる細菌感染症の一種 湿疹や乾燥した肌を掻いたりすることに…
  7. アトピー 食事
    25歳前後の頃に体のあちこちにガサガサとした赤い炎症が出来ました。 現在私は45歳の男性なので…
  8. 女性 アトピー
    アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症が伴う、アレルギー反応と関連がある皮膚炎のことです。 アト…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る