保阪尚希さんの場合。【アトピーの有名人・芸能人】

保阪尚希 アトピー

保阪尚希さんもアトピー性皮膚炎を患っていた芸能人の一人です。

保阪尚希さんは、有限会社サンクチュアリに所属する、日本の俳優で歌手でもあり、タレントでもありますが、その他に通販コンサルタント、料理研究家、レーシングドライバーでもあります。
そんな保阪尚希さんもアトピー性皮膚炎を患っていた芸能人の一人です。

>>アトピー性皮膚炎の芸能人・有名人一覧

保阪尚希さんは1967年、静岡県静岡市で生まれますが、自身が7歳の時、両親を自殺で亡くしています。

保阪尚希さんは、中学校を卒業した後、明治大学付属中野高等学校定時制へアルバイト生活をしながら通い続け、無事に卒業します。
1986年、保阪尚希さんは「チェッカーズ・イン・涙のリクエスト」というテレビドラマに出演してデビューを果たし、同年、「このこ誰の子?」にも出演して、さらに注目されるようになりました。

その後、1992年に公開された「パ☆テ☆オ」という映画では二役を演じ、日本アカデミー新人俳優賞を受賞しています。
このように、保阪尚希さんは1990年代において、数々の映画やテレビドラマに出演し、女性からの人気も高かったため、福山雅治さんや萩原聖人さんと共に「新・平成御三家」などと呼ばれることもあったようです。

「家なき子」という1994年のテレビドラマで、保阪尚希さんは主人公「すず」の担任役を演じました。

この役は、小学生の時に一家心中を試みた父親によって母親を殺害され、里子に出された経験を持つ不遇の教師という難しい役であり、放映当時、話題となりました。
その後、2000年に保阪尚希さんは、腹膜炎・内臓破裂によって一度死にかけます。

しかし、緊急手術によって一命をとりとめ、その手術後には体調も回復したため、多数の映画やテレビドラマにも出演しています。
また、この経験から、健康や食生活への関心が深まり、それを活かした仕事も行いながら現在に至っています。

保阪尚希さんは私生活においては、一度、一般女性と結婚していますが離婚しています。

その後の1996年、高岡早紀さんと再婚して二児をもうけますが、高岡早紀さんが布袋寅泰さんと不倫関係になったため、2004年6月に離婚してしまいます。

しかし、保阪尚希さんは子供のために、離婚届提出後も高岡早紀さんとの同居生活を暫くの間続けていることを明らかにしました。

これは、保阪尚希さん自身が幼少時代に経験した、両親の自殺によって突然自分の前から親が消えてしまったという辛い経験を、子供にはさせたくなかったというのが同居を継続した理由だそうです。

その後、保阪尚希さんは、その同居している家にいる時間を徐々に短くしていき、半年後、保阪尚希さんは家を出て正式に同居を解消。

子供たちの親権は保阪尚希さんが得て、子供たち自身は高岡早紀さんと高岡早紀さんの母親と一緒に生活しています。

ドラマ等の撮影上、ステロイド薬を使わないわけにはいかなかったようです。

そんな保阪尚希さんはアトピー性皮膚炎を患っていた時、当初は病院から処方された薬(ステロイド剤と思われる)を使っていました。

ステロイド剤による副作用も気になってはいたようですが、ドラマ等の撮影上、薬を使わないわけにはいかなかったようです。

そして、肌自体の状態はだんだん悪くなっていってしまったため、肌に良くない「特殊メイク」も行っていたそうです。

その結果、最終的に保阪尚希さんの顔の皮膚から血が噴き出してしまったそうで、これを見ていた秋元康さんが、薬に頼らない、免疫療法の先生を紹介してくれたそうです。

この時、保阪尚希さんは一週間の断食や1日1色というような食事制限も含む食事療法を約2年かけて行い、アトピー性皮膚炎を克服していきました。
ただし、このような食事制限を自己流で行ってしまうと、逆にアトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまうという可能性も考えられます。

必ず専門家の指導のもとで行うようにしましょう。

>>アトピー性皮膚炎の芸能人・有名人一覧

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
  2. ドライスキンとは角質層の水分が少なくなって乾燥した状態のことをいいます ドライスキンとは、皮脂…
  3. アトピー 発症
    "私がアトピーを発症したのは大学生の頃でした。 大学入学を機に独り暮らしを始め、約2年が経過し…
  4. アトピー 食事
    25歳前後の頃に体のあちこちにガサガサとした赤い炎症が出来ました。 現在私は45歳の男性なので…
  5. 狩野英孝 アレルギー アトピー
    超アレルギー体質でアトピーな狩野英孝さん 狩野英孝さんは、マセキ芸能社に所属するピン芸人の日本…
  6. アトピー 症状
    実際、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとされている漢方薬もあります。 一般的に漢方薬には副作…
  7. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
  8. 女性 アトピー
    伝染性膿痂疹(とびひ)とは、小児に生じる細菌感染症の一種 湿疹や乾燥した肌を掻いたりすることに…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る