黒豆茶 アトピー

黒豆には大豆以上に素晴らしい効能や効果がある!

黒豆茶とは、黒豆(黒大豆)を原料として使用したお茶のことです。
黒豆は大豆の仲間であり、黒大豆は正式名称で、日本ではお正月料理として主に使用されています。

近年、この黒豆に大豆と同等といえるくらいの豊富な栄養素と多くの効果・効能があることがわかってきており、特に黒豆の黒い皮の部分にはポリフェノールの一種である、アントシアニンが含まれています。
アントシアニンという成分は、黒豆のみに多く含まれている成分であり、他の大豆にはあまり含まれていない成分であることから、黒豆には大豆以上に素晴らしい効能や効果があることがわかってきました。

黒豆茶の効果・効能は?

前述のアントシアニンは高い抗酸化力を持つため、アンチエイジング(老化防止)やアトピー性皮膚炎のようなアレルギー症状の改善、ガンの予防などの様々な効果を発揮します。

また、黒豆にはフラボノイドも含まれています。

このフラボノイドには、抗炎症、抗菌、抗アレルギー、抗ウイルス作用を持っています。

また、体内の組織からのヒスタミン遊離を低下させる働きもあることから、アトピー性皮膚炎の症状を改善させる効果が期待できます。

また、東洋医学でアレルギーを考えた際、アトピー性皮膚炎の症状で発生するジュクジュク、鼻水、涙などは全て、体内の余分な水分と関係しているとされています。
このような水分のことを東洋医学では「水毒」といいます。この「水毒」は、体内において余分な水分が滞っている状態のことをいい、むくみもこの「水毒」といえます。

東洋医学では、この滞ってしまっている水分を、皮膚や鼻、目などから出そうとしている状態をアレルギー症状と考えます。

そのため、食べ物等の力を借りて水分を皮膚や鼻、目から出すのではなく、尿として排出することが大切と考えます。

黒豆茶に使用される黒豆は水を出しやすくする食材の一つであるため、東洋医学においてもアトピー性皮膚炎の症状を改善させる効果が期待できる食材とされています。
また、砂糖が多く使用されているお菓子や、塩気の強いものを食べると水を飲みたくなってしまうため、「水毒」やむくみの原因となることから、薄味を心がけることがアトピー性皮膚炎を改善させることにつながります。

さらに、近年では、アトピー性皮膚炎のかゆみ等の症状は、皮膚の表皮のバリアが何らかの理由で障害を発生し、抗原の体内侵入が容易となることで免疫反応が慢性化・慢性抗原刺激となって、このような症状を発生させているのではという仮説が立てられています。

この仮説が立てられた理由としては、セラミドという細胞間脂質がアトピー性皮膚炎の患者に少ないことが判明し、このセラミドの生成に関わる遺伝子が注目されたことが由来となっています。
アトピー性皮膚炎の患者は、このセラミドの量が少ないため、健常者なら遮断できるアレルゲンが皮膚から侵入されやすくなり、それによって抗体が反応し、炎症(かゆみ)が発生していると考えられています。

このセラミドの生成を促すためには、食品から植物が持つ自己防衛成分である「フィトケミカル」を摂取することが必要となります。

「フィトケミカル」は色素成分であり、赤、黄、オレンジ、緑、白、紫、黒の7つのカラーに分類することができますが、特にセラミドの生成に役立つ原料は黒の食品となっています。そのため、黒豆のような黒い食品は、アトピー性皮膚炎のかゆみの症状等を改善させる働きが期待できます。

このように様々な効果を持つ黒豆茶は、ノンカフェインのお茶となっています。
そのため、子供からお年寄り、また、妊娠中の方でも安心して飲むことができますので、アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は一度試していただくことをおすすめします。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属し…
  2. ドライスキンとは角質層の水分が少なくなって乾燥した状態のことをいいます ドライスキンとは、皮脂…
  3. 自分自身のアトピーの症状がひどいことに気が付いたのは小学校の1年生の頃 私は現在42歳女性です…
  4. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  5. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  6. アトピー性皮膚炎 治療法
    皮膚科を受診し、適切な治療を行っていくことが大切です。 アトピー性皮膚炎とは、皮膚のかゆみと炎…
  7. アトピー 症状
    実際、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとされている漢方薬もあります。 一般的に漢方薬には副作…
  8. 女性 アトピー
    アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症が伴う、アレルギー反応と関連がある皮膚炎のことです。 アト…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る