ビワの葉茶 アトピー

アトピーの原因であるアレルギー体質の改善が期待できるビワの葉茶

びわの葉は、バラ科の植物であり、びわの葉茶は昔から健康茶として病気予防等のために、日常的に愛飲されてきました。
びわの葉茶は、古来から体調を崩した時や病気予防、捻挫や腰痛に至るまで利用されており、現在ではそれ以外にも様々な効能があるとされています。

びわの葉には様々な効果をもたらす成分が含まれています。

まず、ブドウ糖・果糖・マルトース・クエン酸・リンゴ酸・サポニン・酒石酸が含まれており、これらの成分には疲労回復の効果が期待できます。
次に、サポニン・酒石酸においては、免疫力を整える効果も期待できます。

次に、クエン酸・サポニンにおいては、血流を整える効果も期待できます。

次に、クエン酸・リンゴ酸においては、新陳代謝を活発にさせる効果も期待できます。
次に、サポニンについては脂肪の吸収を防ぐ効果も期待できます。
次に、アミグダリンという成分も含まれていますが、この成分には、胃腸の調子を整える効果、抜け毛を防ぎ、育毛する効果も期待できます。

次に、アミグダリン・クエン酸については、肝臓・腎臓の調子を整える効果も期待できます。
最後に、サポニン・アミグダリンについては、美肌効果も期待できます。

びわの葉茶に含まれているサポニンには、前述の効果の他に、抗炎作用もあります。

また、サポニンは抗アレルギー・抗菌作用も併せ持っているため、アトピー性皮膚炎等のアレルギー症状の改善に使用されることがあります。

アトピー性皮膚炎は便秘であったり、冷え性であったりすると、その症状が悪化してしまうため、前述のような腸内環境を整えたり、血流を良くしたりするびわの葉茶の効果は、自己治癒力を高めるサポートをしてくれます。

アトピー性皮膚炎の症状改善としてびわの葉を使用する場合には、お茶ではなく葉を使い、びわの葉を入れた風呂に入ると効果的だそうです。
びわの葉は、炎症を鎮める効果が高いため、びわの葉風呂に入れば、かゆみや炎症の症状改善に効果的であり、さらに、あせもや蕁麻疹の症状改善にも効果があるとのことです。

そして、びわの葉風呂に入れば肌がツルツルになるため、美肌効果も期待できます。

その他、びわの葉茶にはデトックス効果もあります。

アトピー性皮膚炎を発症させてしまうアレルギー体質の改善効果も期待できます。
デトックスとは、直訳すると「解毒」という意味であり、体に不必要なものをため込まないようにする、体に対して必要のないものを出すということを指しています。

びわの葉茶の成分中で、デトックス効果のあるものは、まず、タンニン・サポニンには利尿作用があります。

次に、整腸作用、新陳代謝のUP、脂肪の吸収を防ぐ、胃腸の調子を整える、腎臓・肝臓の調子を整えるといったデトックス効果に関係ある作用については、前述の通りとなっています。
また、びわの葉茶には、前述のアミグダリンとともに、葉酸やペクチン、ビタミン類も含まれているため、お肌の細胞を活発にする作用もあります。

したがって、デトックス効果とともに美肌効果も期待でき、さらに、体に必要な水分補給用としてもびわの葉茶は最適であるため、お肌の乾燥予防やトラブルの改善にも使用できます。

また、びわの葉茶には、前述の通り、血流を良くし、血行を改善する効果もあるため、女性に多い冷え性の改善効果も期待できます。

そのため、冬の時期等の、寒くて空気が乾燥するような季節にアトピー性皮膚炎や敏感肌の改善だけではなく、スキンケアのためにもびわの葉茶を飲むことをおすすめいたします。

さらに、びわの葉茶にはカフェインが含まれていません。

したがって、子供から高齢者まで、そして妊娠中の方でも安心して飲むことができます。

特に妊娠中の方には、水分補給のためにもびわの葉茶はおすすめです。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー 発症
    "私がアトピーを発症したのは大学生の頃でした。 大学入学を機に独り暮らしを始め、約2年が経過し…
  2. 女性 アトピー
    アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症が伴う、アレルギー反応と関連がある皮膚炎のことです。 アト…
  3. アトピー 市販薬
    細菌感染及び炎症性の皮膚疾患に効果を発揮するドルマイコーチ軟膏 6g ドルマイコーチ軟膏 6g…
  4. 菅野美穂 アトピー
    芸能人・有名人にも多いアトピー&アレルギー 日本では約700万人という方々が、アトピー性皮膚炎…
  5. 小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属し…
  6. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
  7. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  8. アトピー 食事
    25歳前後の頃に体のあちこちにガサガサとした赤い炎症が出来ました。 現在私は45歳の男性なので…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る