オージュンヌ 口コミ

敏感肌やアトピー肌の方のために開発されたオージュンヌ

オージュンヌとは、医学博士が監修し、アトピー性皮膚炎を患っている方のために開発された化粧水とのことです。
アトピー性皮膚炎を患っている方は、肌に直接つける化粧品を選ぶのはとても重要となります。

綺麗になりたくてつけている化粧水で余計に肌荒れを起こしたり、肌がヒリヒリしたりしては何のためにつけているのかわからなくなります。

オージュンヌは、そんな敏感肌やアトピー肌の方のために開発された化粧水なんだそうです。




EauJeune(オージュンヌ)

オージュンヌは、界面活性剤や防腐剤等が一切使用されていない無添加化粧水であるという特徴を持っており、特にアトピー性皮膚炎に重大な影響を与える界面活性剤が使われていないというのは、アトピー性皮膚炎を患っている方にとっては安心できる点だと思います。

界面活性剤が身体の免疫力を壊し、アトピー性皮膚炎を引き起こしているというのは、いそべクリニック院長で医学博士の磯部善成氏の著書「洗わないでアトピーを治す」にも書かれています。

ただ、界面活性剤は合成洗剤等にも入っていますので、オージュンヌをつけるだけではなく、アトピー性皮膚炎の方は合成洗剤を使わないということも非常に重要です。

化粧水はその成分の90%以上が水でできている

化粧水はその成分の90%以上が水でできているため、敏感肌であればあるほど、この水に対して注意する必要があります。

もし、肌が人よりも強ければ、この水に拘る必要はなく、仮に水道水でも良いのかもしれませんが、特にアトピー肌の方は化粧水の美容成分などよりも、この水のほうに気をつけなければなりません。
オージュンヌは、酸性電解水の水素濃度イオンとナノ粒子ミネラル成分を含む水を使用しています。

これにより、オージュンヌを使用したことによって肌荒れがおきるということはなく、水分も蒸発しません。

また、オージュンヌは、ミネラルが多く含まれた霧島の水がベースとなって作られています。これらより、オージュンヌは普通の化粧水とは違い、肌が弱い人が安心してつけられる水を使用しているということがわかります。

通常の健康な肌では、セラミドによって肌への刺激になる化学物質や老廃物などを事前に防御しますが、乾燥肌やアトピー肌においては、セラミドが圧倒的に不足しているため、軽い刺激でも肌に深刻なダメージを与えてしまい、炎症を引き起こします。



また、セラミドは飲用したり、食べ物などから摂取することもできません。

そのため、軟膏等を塗ることでカバーするしかないのですが、最近開発された白金ナコロイドにはプラチナが独自に持っている抗菌・保護作用があるため、セラミドと同じ役割を果たすことができます。

オージュンヌには、この白金ナコロイドが含まれているため、アトピー性皮膚炎を軽減させる働きを持っています。

また、アトピー性皮膚炎が悪化する原因として、黄色ブドウ球菌繁殖によるものがありますが、前述のオージュンヌの抗菌作用はこのような悪化させる菌に対しても有効となっており、さらに善玉菌の数を減少させるということもないようです。

また、化粧水は非常に腐りやすく、常温での保管では何年も保存できないという欠点があるため、化粧水の多くにはパラベンという防腐剤が含まれています。
パラベンは水を腐りにくくするのですが、同時に肌の刺激になってしまったり、肌の水分を蒸発させてしまったりします。

オージュンヌには、このような防腐剤は含まれておらず、完全な無添加化粧水となっています。

オージュンヌを実際に使ってみたモニターの方においては、95%以上が好感触という、かなり使い心地や満足度が高かった結果が出ています。
ただ、100%ではないので、肌に合わないという方もいるかもしれませんが、実際に使った方で高評価の方が多いというのは間違いないので、アトピー性皮膚炎を患っている方は一度試してみる価値はあると思います。




EauJeune(オージュンヌ)

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  2. アトピー 子供
    赤ちゃんに様々な原因で発生する湿疹をまとめて乳幼児湿疹と呼んでいます。 乳幼児湿疹とは、乳幼児…
  3. アトピー 発症
    "私がアトピーを発症したのは大学生の頃でした。 大学入学を機に独り暮らしを始め、約2年が経過し…
  4. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
  5. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
  6. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  7. ドライスキンとは角質層の水分が少なくなって乾燥した状態のことをいいます ドライスキンとは、皮脂…
  8. アトピー 発症
    アトピー性皮膚炎の大まかな診断基準としては、まず、掻痒があること アトピー性皮膚炎とは、かゆみ…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る