わたしは、子供のころからのアトピー持ちです。

2歳のころにアトピーと診断され、中学生くらいまでは、肘の内側や首筋だけでなく、顔などかなり目立つところにも症状が出ていました。
成長とともに症状も和らいできて、大人になった今では、疲れている時や体調を崩した時に一時的に症状が出たりすることもありますが、基本的にはアトピーの人特有の湿疹などはほとんどありません。

実は、子供のころアトピーだったと言っても、たいていの人が「でも、今は全然わからないね!」と言います。

しかし、今私が住んでいるのは、南米。
3年ほど前に主人の仕事の都合でこちらに住むようになりました。

気候が生まれ育った日本と違うせいか、肘の内側に少しアトピーが出ています。

また、空気が乾燥していることや、紫外線が強いことが影響してか、耳たぶが着れたり、目じりや口角が切れたりすることもあります。
でも、そこまで酷い症状ではないので、日本から持ってきたリンデロンを塗れば改善するし、生活に支障が出るほどではありません。

ただ、困っているのは現地の人たちがアトピーに対する知識が全くないことです。
私の小さいころは、アトピーはうつると思っている同級生もいましたが、今ではそんなことを言う人はめったにいませんよね。

花粉症や盲腸と同じくらい、一般的でありふれた病気だと私は思っているのですが、こちらの人でアトピーっぽい肌質の人はまず見たことがありません。

3年間住んでいて、本当に一度も見たことがないんです。

そのため、現地の人たちも私のアトピーの症状を目にするのが初めてらしく、大げさに心配されたり、虫刺されじゃないのか?と思われて、謎の軟膏(日本でいうオロナインみたいな、現地では一般的な薬だと思いますが)をくれたりします。「これは、何かにかぶれたり虫刺されではなくて、アトピーという肌の病気で、子供の頃からだからそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。」

と片言ながら伝えても、なかなか理解してもらえません。「いい病院を紹介してあげる!」

と病院のパンフレットをわざわざ持ってきてくれた人もいるほどです(笑)

現地の人にとってアトピーなんて聞いたこともない未知の病気。

まぁ、ここまではおせっかい気味な現地人の優しさを実感するきっかけにもなっているので、そんなに本気で困っているわけではありませんが、一度本当にショックだったことがあります。

こちらは日本と違い熱帯気候なので、基本的に年中半袖。私の肘の内側は、症状が出ていない時でも、子供のころにかきむしったせいで広範囲に色素沈着があり黒ずんでいます。

ある時、現地で知り合いになった9歳くらいの男の子に「どうしてここ(肘の内側を差して)が汚れているの?」と聞かれました。その時は、とっさにアトピーと説明しても分からないだろうな、と思い「汚れているんじゃなくて、アレルギーなんだよ。」と言ったら納得した様子でしたが、内心ショックでした。確かに、他の部分は白いのに、肘の内側だけ黒ずんでいて、遠くから見ると垢が溜まっているみたいに見えないこともない状態です。

それに、現地の人にとってアトピーなんて聞いたこともない未知の病気。私に直接話しかけてきた男の子以外にも、そう思っている人がいるんだろうな…、とまで考えてしまいました。

アトピーの症状自体が辛いと思ったことは、ほとんどありませんでしたが、子供のころは、何で自分はほかの友達と違うんだろう?と思いましたし、思春期の時は芸能人のようなツルピカ肌に憧れました。

彼にキモいと思われていないか、妙に心配でした。家族の中でも、アトピー持ちが自分だけだったので、なんて不運な…と思ったりもしました。

私以外のアトピー患者さんもアトピーによる症状の辛さだけでなく、周囲の人の視線や、悪気のない言葉で傷つくことを経験しているんじゃないかと思います。"

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  2. 小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属し…
  3. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
  4. アトピー 発症
    アトピー性皮膚炎の大まかな診断基準としては、まず、掻痒があること アトピー性皮膚炎とは、かゆみ…
  5. アトピー 食事
    25歳前後の頃に体のあちこちにガサガサとした赤い炎症が出来ました。 現在私は45歳の男性なので…
  6. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  7. アトピー 女の子
    子供の頃に感じた医師への不信感 現在、30代の女です。 子供のころはアトピーに悩まされていま…
  8. アトピー 子供
    赤ちゃんに様々な原因で発生する湿疹をまとめて乳幼児湿疹と呼んでいます。 乳幼児湿疹とは、乳幼児…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る