私たちはアトピー同士の夫婦。お互い支え合う仲です。【体験ブログ】

体験談 アトピー

私は幼い頃からアトピーと付き合って来ましたが、今年結婚することができました。

肌が汚いことを少しコンプレックスに思っていた時もあったのですが、そんなことは気にしないと言ってくれたので、本当にいい人だなと思いました。
旦那さんも実はアトピーで、私よりも症状が出ていることも多くあるのですが、いいパートナーだと思うことが沢山あります。

まず、旦那さんと注意し合えるのは本当にいいことだと思います。

自分では気づかないうちに無意識にかいてしまっていることもあるので、旦那さんに、「あかんよ」と言われると、ハッと気づくことがあります。
そうやって一言声をかけてくれるだけでも意識は変わるのですが、本当に痒くて仕方ない時に私は掻いてしまうので、腕を掴んで止めてくれるのはありがたいものです。

掴んでくれた手を振り払ってでもかきたいときはあるので、イライラもしてしまいますが、一人でいると限度なく掻いてしまうので、止めてくれる手があることは本当にいいことだなと思います。

私も旦那が掻いていると思ったら手を掴んで止めるようにしているのですが、人の手を止めたのだから、自分も止めなければいけないという気持ちにもなりますし、一石二鳥ですね。

それでも痒くて我慢できないときは多くありますが、よほどの時はもう止めるのを諦めます。

私も旦那もあまりにもかゆい時に止められるとただただストレスでいっぱいになってイライラしてしまうのをわかっているので、もうどうしようもない時は黙って見守ります。
一言、あんまり掻いたらあかんでというようにはしていますが、痒くて仕方ない時の辛さもお互いによくわかっているので。

アトピーでない人に掻いたらあかんとお説教されても、この痒みの苦しみを知らないくせにと思ってしまうのですが、同じ患者だとお互いの気持ちを理解できるので、ただただ掻いたらあかんと言われるだけよりも、「辛いのはわかる」と言ってもらえるのがありがたいです。

また、お互いの荒れてる姿を見ると、そうなりたくないと思うこともしばしばあります。

多分旦那さんも私の手が荒れている時はこんなにただれたくないと思うでしょうし、私も旦那の首元が荒れている時は人からはこんな風に見られるんだなと思います。

アトピーがあるから旦那さんを嫌いになるということは絶対にないのですが、やっぱり荒れている姿よりもなんともない肌を見ている方がいいなと思うので。

特に、私たちは結婚式をまだ挙げられていないのですが、結婚式の時にはお互い綺麗な肌で挑みたいものですね。

アトピーは近くで見るのと離れて見るのではまた見え方が違って、自分ではそんなにひどく荒れていないと思っていても、実は結構赤くなって目立っているなんてこともあります。

それを教えてくれるのはパートナーである旦那さんだったりもするので、そういう時もいいななんて思います。

アトピーは痒みを我慢したりしなければいけなくて、わかっていてもなかなかそうできない病気だったりすると思いますが、いいパートナーがいると一緒に頑張ろうという気持ちにもなれますね。
お互いの傷を舐め合うだけではなくて、お互いが治せるように少しでも症状が抑えられるように支え合えるのは本当にいいことだと思います。

また、相手もアトピー持ちなら、洗濯洗剤なども一緒に肌にいいものを使うことができたりして、それもいいですね。
結婚するまでは無添加のものを使っていなかったのですが、旦那さんと結婚してからは無添加を使うようになりました。

旦那さんのお母さんにその方がいいと教えてもらったこともあるのですが、お互いよくなりたいという気持ちも込めて、少し値段が張っても無添加を選ぶようになりました。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー 市販薬
    細菌感染及び炎症性の皮膚疾患に効果を発揮するドルマイコーチ軟膏 6g ドルマイコーチ軟膏 6g…
  2. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
  3. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  4. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
  5. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  6. 菅野美穂 アトピー
    芸能人・有名人にも多いアトピー&アレルギー 日本では約700万人という方々が、アトピー性皮膚炎…
  7. 小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属し…
  8. ドライスキンとは角質層の水分が少なくなって乾燥した状態のことをいいます ドライスキンとは、皮脂…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る