自分自身のアトピーの症状がひどいことに気が付いたのは小学校の1年生の頃

私は現在42歳女性です。現在は比較的肌の調子が良い方なのですが、もともとアトピー体質だったので、今でもアトピーの症状が出ることがあります。

私が自分自身のアトピーの症状がひどいことに気が付いたのは小学校の1年生の頃でした。
人一番しもやけやあせもがひどく、肌がじくじくして化膿してしまうほど。

そのためしもやけやあせもが原因で皮膚科に行くこともありました。

そこで初めてアトピーの診断を受けたのです。特にその時には内服、塗り薬をしていたわけではありません。
ひどくなった時だけ病院に行って薬をもらっていたという治療を続けていました。

それでもだんだんと成長し、スキンケアなどを自分でできるようになると少しずつアトピーの症状も治まっていったのです。

しかし転機は就職してから起こりました。

就職をしてからきっと私はストレスをためてしまったのでしょう。

仕事に行くと蕁麻疹ができるようになりました。
初めは蕁麻疹だけだったので、仕事には支障はなかったのです。

しかしながら、そのうち体全身が痒くなるように。
またそれは仕事以外の時間にも起こりました。

無意識に寝ている間も掻いているようで、私の首やひじの内側といったところはひどくただれることもありました。
そしてとうとう仕事の制服を着ても見えるようになってしまったので病院に行くことにしたのです。

私のアトピーの症状が出て困ったことは、職業柄人に見せることができないと思ったからです。

そういう私は、実は看護師なのです。
看護師が患者の前でぼりぼりと自分の痒いところをかきむしる、患者に取ってこれほど嫌なことはないでしょう。

また患者には清潔に関することなどいろいろな援助をするくせに、何で看護師がアトピーなのかということに疑問を持つでしょう。
そのため私は看護師という職業柄、なんとしてもアトピーを改善したいと思ったのです。

そこで病院に行って処方されたのは、ステロイドであるリンデロン、そしてかゆみのあるところに塗るオイラックス、そして内服薬であるセレスタミンでした。

初め内服薬でかゆみ止めを飲むと眠たくなるなどの副作用があるので嫌だと考えていました。

しかしながら飲んでみるとそれほど強い副作用はなかったので、毎日飲み続けることができました。
また内服薬は、塗り薬よりも効果があるので、かゆみが治まりましたし、それによって無意識にかきむしるということがなくなりました。

そのうち時間の経過と共に肌はだんだんと改善しました。
また夜も以前はかゆみのために眠りが浅かったと思いますが、しっかりと眠れるように。

またかゆみのためにこれまで集中できないこともありましたが、かゆみがなくなり集中力が付いてきたような気がします。
集中力がつくということは仕事の効率もよくなり、アトピーが改善したことによりいいことが増えました。

これまでは体質だからアトピーを改善することは無理だと思ったこともありますが、そうではないことも分かります。
毎日のスキンケアで保湿をしっかりしていると、肌のバリア機能が整い、肌が傷つきにくくなります。

そして肌のバリア機能が整うと肌のターンオーバーも規則的になります。
そのため私のアトピーで傷んだ肌も古い角質となって落ちてしまい、その下から新しい皮膚が出てきたのだと思います。

ストレスなどでアトピーの症状がひどくなることは仕方がないことだと思います。

しかしそれに早く対処すること、また内服薬を敬遠するのではなく、治療のために積極的に受け入れていくことで、アトピーの症状を早く改善することができると思います。

そのためにはかかりつけの皮膚科を持ち、先生を信頼して治療を任せることも一つの方法だと思います。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
  2. アトピー 女の子
    子供の頃に感じた医師への不信感 現在、30代の女です。 子供のころはアトピーに悩まされていま…
  3. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
  4. アトピー 症状
    実際、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとされている漢方薬もあります。 一般的に漢方薬には副作…
  5. 女性 アトピー
    伝染性膿痂疹(とびひ)とは、小児に生じる細菌感染症の一種 湿疹や乾燥した肌を掻いたりすることに…
  6. アトピー 発症
    "私がアトピーを発症したのは大学生の頃でした。 大学入学を機に独り暮らしを始め、約2年が経過し…
  7. アトピー 市販薬
    細菌感染及び炎症性の皮膚疾患に効果を発揮するドルマイコーチ軟膏 6g ドルマイコーチ軟膏 6g…
  8. アトピー 発症
    アトピー性皮膚炎の大まかな診断基準としては、まず、掻痒があること アトピー性皮膚炎とは、かゆみ…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る