アトピー発症

"私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。

症状としては、重度のアトピーで、全身に症状があります。

いつもかいて、血が出たり、傷ができています。
特に、掻くことで、頭、顔、体の皮膚からふく粉の症状がひどく、それ自体がストレスになって、さらに掻いてしまう、という悪循環の毎日です。

特に、思春期の中学生や高校生の時はひどく、手や足は体液でぐちょぐちょになっており、学校へ行くのもつらいものでした。

夜寝ているときに、よく掻くので、ベッドに手を縛りつけたり、包帯をぐるぐる巻きにしたものの、朝にはほどけており、効果はありませんでした。
友人からも心配されるし、時にはアトピーのことでからかわれたりすることもありました。

私の親も、たくさんのお金をかけて、いろんな治療法を試して、治そうとしました。

例えば、病院でもらうステロイド剤は当然のこと、風呂にかぼすを入れる、海水を体につける、アロエを体に塗る、高い化粧水をつける、レーザー治療、漢方薬など、数えきれない方法を試しましたが、全く効き目はありませんでした。

現在では、アトピーを治すのは、ほぼ諦めており、うまく付き合っていこうと思っています。

アトピーとうまく付き合うために、私の心がけていることは以下の2つです。

・ストレスをためないようにする

私の場合、仕事や家庭のことでストレスを感じたときに、特にかゆくなります。

ストレスを感じる時期(例えば、仕事で上司に怒られる時期が続く、残業がかさむなど)に、特にひどくなります。
アトピーは、一度ひどくなると、その症状を見ることでさらにストレスになり、痒くなるという悪循環になるのが厄介です。

そのため、ひどくならないようにするため、自分の心の状態を日々チェックして、できるだけストレスをためないよう、心がけています。
仕事を辞めればストレスも軽減されて、アトピーも良くなるのではないかと思いますが、それは難しいですね。

・ステロイド剤は副採用あるため、ひどくなった部分だけ塗る

ステロイド剤はアトピーにはよく効きます。
これは間違いないでしょう。

ただし、ステロイド剤をつけても完治はしません。一時的に症状を抑えるだけです。
それでも、一時的に効くステロイド剤は、非常に重宝して、0歳のときからずっと使っています。

その副作用のためか、肌は黒ずんでおり、一部赤い部分もあります。ステロイド剤は、副作用があるのです。

そこで、できるだけ副作用を発生させないよう、ひどい部分だけにステロイド剤をつけるようにして、ひどくないところにはつけないようにしています。
私の使っているステロイド剤は、マイザー軟膏とキンダベート軟膏で、そんなに強いものでないと医者から言われています。

また、保湿のため、ヘパリン類似物質クリームも使っています。

以上のように、できるだけストレスをためないようにしつつ、ひどくなった部分のみ、あまり強くないステロイド剤を塗ることで、なんとか生活に支障がない状態を維持できていると思います(年に2、3回はどうしようもなくひどくなる時期がありますが)。

病院には、2~3か月に1回くらいのペースで通っています。
先生も、最初はもっと短い間隔で来なさいと言っていたものの、しばらくすると諦めたようで、今では機械的に同じ薬を出してくれるだけの状態です。

一方で、うまく付き合っているとはいえ、いずれは完治させたいとも考えています。

乾燥して体から粉をふく冬の時期は本当につらく、切に治したいと感じます。
現在通院している病院の医者の話によると、全国にはアトピーの名医がいて、そのような病院で診てもらった方がいいとのことです。

ただし、定期的な通院、または、入院する必要があるので、会社を長い間休まなくてはなりません。
それはなかなか難しいので、今のところ実行に移せていません。

いずれは、時間をみつけて、集中的に治療する機会を持ちたいと考えています。

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アトピー 発症
    "私がアトピーを発症したのは大学生の頃でした。 大学入学を機に独り暮らしを始め、約2年が経過し…
  2. ドライスキンとは角質層の水分が少なくなって乾燥した状態のことをいいます ドライスキンとは、皮脂…
  3. アトピー 発症
    ステロイド外用薬によって副作用が発生する可能性はあります ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎…
  4. アトピー 食事
    25歳前後の頃に体のあちこちにガサガサとした赤い炎症が出来ました。 現在私は45歳の男性なので…
  5. ブロリコ アトピー
    アトピーの原因である「免疫力の低下」をブロッコリーの力で改善! アトピーとは体内の免疫力が特定…
  6. 女性 アトピー
    アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症が伴う、アレルギー反応と関連がある皮膚炎のことです。 アト…
  7. 男性 アトピー
    感染するようにも思われますが、結論としては感染することは無い? アトピー性皮膚炎とは、強いかゆ…
  8. 菅野美穂 アトピー
    芸能人・有名人にも多いアトピー&アレルギー 日本では約700万人という方々が、アトピー性皮膚炎…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る