アトピー 女の子

子供の頃に感じた医師への不信感

現在、30代の女です。
子供のころはアトピーに悩まされていました。

小学生から高校生ぐらいの間が症状のピークで、その間は全身、特に手の平の痒みが酷く、酷い時はひっかきすぎて患部が腫れ、物が触れない程でした。
小学生のころは治療のために大きな総合病院の皮膚科にも通っていましたが、いつしか通院を止めてしまいました。

理由は、そこで処方されたステロイド剤の効果があまり感じられず、薬の副作用で更に痒くなるばかりに感じられたからです。
両親も当時の担当の医師に色々相談したのですが、「経過をみましょう」ばかりであまり熱心に対応してもらえないと感じていたそうです。

結局、数年通っても症状が改善されなかったので、通院を止め、私と両親には「アトピーは医者に通っても改善されない」という認識だけが残ってしまいました。

独力での対処に限界を感じ、評判の良い皮膚科を受診

その後、中学~高校までの間は、ステロイド剤を使わずにアトピーを抑えようと、市販の保湿剤や食事療法などを試しながら生活していました。
そのように自分で注意しながら過ごす内に、徐々に全身の痒みは治まってきたのですが、手の平の痒みだけは改善されません。

更に、手の平の症状は受験のストレスや不眠などの不摂生が重なるとすぐに悪化し、それがストレスになるという悪循環に陥っていました。

結局、大学生になった後も手の平の症状は改善されず、とうとう痒みのために夜眠れない状態にまで悪化したため、ここでようやく、自分の力ではどうしようもないと判断し、知人に教えてもらった評判の良い皮膚科にかかることにします。

相談できる医師のおかげで症状改善に繋がった

その大学生の時にかかった病院は、壮年の医師が一人で診察されている小さめの医院でしたが、その方は診察の度にきちんと様子を聞いてくれる上に、薬の効果や使用方法、副作用や日常の過ごし方についてもしっかりとアドバイスしてくれました。

更に、過去の出来事から、ステロイド剤の使用に不安があったのですが、その事を相談した時も、「非ステロイド剤の効果とその副作用」や「ステロイド剤でも効果の弱いものがあって、どう使用すれば副作用を少なくできるか」など、詳しく相談にのってもらえた上でどの薬を使用するか選ばせてもらえたので、安心しました。

色々合わない薬なども経て、現在は主に使用しているのは非ステロイド系のスタデルムクリーム5%を使用しています。

一部症状が酷い箇所や症状が酷くなった時にはメサデルムクリーム0.1%を使用していますが、使用量や使用箇所をアドバイスしてもらいながら絞っているためか、子供の頃ほど副作用に悩まされることはあまりありません。
一番酷かった掌の症状もかなり改善され、今では日常生活でほとんど支障がないほどになっています。

大学生の時は、頻繁に通院していましたが、症状が改善されるにつれて通院回数は少なくなり、現在は月1回にまで減りました。
完治しているわけではないので、ストレスや生活習慣の乱れなどで酷くなることはありますが、医師に相談して薬の量や種類を調節できるので少し酷くなってもストレスによる負のスパイラルに陥りにくくなっています。

担当医と相性が悪い場合はセカンドオピニオンの活用も視野に

現在の医師にかかるまでは、大事なことを考えたい時でも治まらない掌の痒みに一生わずらわされるのかと、毎日落ち込んでいました。

それが今では、日常生活を送っていて掌の痒みについて悩むどころか、思い浮かぶ事自体が少なくなっています。
良い医師に出会えるとここまで変わるものなんだな、と実感しています。

ひょっとしたら、子供の頃に処方された薬も現在使用している薬と同じかもしれませんが(何を使っていたか覚えていません)、やはり担当医に気軽に相談できる、という安心感があると治療にも前向きに取り組めます。
上では「良い医師」と表現しましたが、どちらかと言うと「相性が良いかどうか」が重要だと思います。

医師も人間なので患者との相性などもあるでしょうし……。

自分が信頼できると感じられる医師にかかると、積極的に薬について質問したり日常生活を送る上でのアドバイスを聞けたりできるようになるので、そういった相性の良い医師を見つけるのは治療の上で大事です。
それに、担当医に不信感があると治療自体がストレスになる可能性がありますしね。

もし、今かかっている担当医と相性が悪いと感じていて、治療の効果があまり出ていないならば(担当医をいきなり変えるのは少しリスクが高いので)セカンドオピニオンとして別の医師に相談してみるのも良いかもしれません。
アトピーは完治するのが難しい病気です。

必然的にアトピー同じく長いお付き合いになるのですが、同じく長いお付き合いになる担当医は出来るだけ相談しやすい方だと、アトピーとも楽に付き合えるようになりますよ。"

アトピー対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

アトピーを防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 小児に多く発症する伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性軟属腫(水いぼ)とは、ポックスウイルス科に属し…
  2. アトピー 市販薬
    細菌感染及び炎症性の皮膚疾患に効果を発揮するドルマイコーチ軟膏 6g ドルマイコーチ軟膏 6g…
  3. 菅野美穂 アトピー
    芸能人・有名人にも多いアトピー&アレルギー 日本では約700万人という方々が、アトピー性皮膚炎…
  4. 自分自身のアトピーの症状がひどいことに気が付いたのは小学校の1年生の頃 私は現在42歳女性です…
  5. アトピー性皮膚炎 治療法
    皮膚科を受診し、適切な治療を行っていくことが大切です。 アトピー性皮膚炎とは、皮膚のかゆみと炎…
  6. アトピー発症
    "私(男性)は0歳の時にアトピーを発症して、現在36歳になりますが、未だに治っていません。 症…
  7. 女性 アトピー
    伝染性膿痂疹(とびひ)とは、小児に生じる細菌感染症の一種 湿疹や乾燥した肌を掻いたりすることに…
  8. アトピー 子供
    赤ちゃんに様々な原因で発生する湿疹をまとめて乳幼児湿疹と呼んでいます。 乳幼児湿疹とは、乳幼児…
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
ページ上部へ戻る